スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

case あま市  第一回目の現場視察 

前回の相談を受け、本日、現場視察に行ってまいりました。
http://catcrisis.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

過去、北区、千種区、守山区、長久手市の
多頭飼育崩壊現場の猫救済の経験がありますが
室内の環境としては、
あま市現場が一番、まともな環境に思いました。
それでも、ノミはいました…

20170629_142506.jpg
飼い主様の許可をいただいています

20170629_145235.jpg
赤ちゃん猫6匹
子猫11匹
合計17匹


風邪を引いても、お金がないからと…この状態です。
20170629_142512.jpg
この子は、回復が厳しい様子に思いました。

20170629_142907.jpg
この子は、目を洗い、目薬軟膏をし、抗生剤を投与したら
未だ、眼球は大丈夫のようでした。

20170629_142845.jpg
殆どの子猫が、この三毛ちゃん程度
今なら!!まだ、回復しますね。

赤ちゃん猫は、幸い、感染していませんでしたので、
早々に隔離の必要があります

本日、保護ご協力者と同行していただき、全ての猫へ、その場で出来るケアをしました。
ママ猫と6匹の赤ちゃん猫をお持ち帰りです。
20170629_152235.jpg

明日、飼い主さんが休日なので、再度、伺い
残り11匹子猫は全頭保護します。

夜に、私の応援をしてくださっているTK様から、
応援のお電話をいただき
子猫の治療費のご支援を明日、振り込みますから…と。

見たら、助けれないと…辛いでしょう?
助けてあげてくださいと、優しいお言葉をいただきました。
優しさが胸にしみました。ありがとうございます。
子猫の初期治療費は、TK様のお陰でご用意できました。

11匹の子猫の保護先募集!
ご協力をお願い致します

活動経験者であれば、譲渡はお任せいたします。


帰宅したのは、5時少し前だったのですが、
飼い主は、自ら、管轄の動物管理センターに、相談をしていることもあり
行政の多頭飼育崩壊に関しての体制
飼い主のいない猫への取り組みの現状を問い合わせしました。

まずは、一か月、
飼い主様に里親さんを探してくださいと指導しているそうで
二度目のご連絡がないので、こちらとしても、指導しようがないとの回答。

譲渡システムが整っていないから、
殺処分されるのが嫌だからとのことのようですと
伝えたところ。
行政としては、譲渡も行っていますが、
まずは、飼い主さんから二度目の電話を。そこから話は進みません。

都度、都度の段階を踏んでの指導も理解できますが
管理センター=殺処分のイメージが強いのでは?
相談者へ、最初に、行政の今後のシステムを
話してあげたほうが良かったように思いますが…
とだけ、伝えました。

加えて
飼い主のいない猫たちの現状に心痛め、家に連れ帰ったケース

飼い主のいない猫への警告として、餌をやるなではなく
まずは、不妊手術が元凶を絶つ手段です
市民が取り組みやすい行政の取り組みの確立が必要ですよね?

そういう行政の取り組みがないから、飼い主のいない猫が子猫を産み
人の情として、可哀想だと思い、連れ帰っての上の、現状に思います。
飼育の意思をもって、飼ったのだから、
飼い主が飼育管理をするは当然ですし
行政としても、適正管理を指導する立場にあるのは分かりますが
猫の場合、外での繁殖の結果の子猫たち
適正飼育指導以前!!の取り組みが必要だと断言致します。

確かに、この方もすべてを救えないのに…
経済破綻まで連れ帰らなくてもと思いますが、
カラスに子猫がやられている現場を見たことがあるそうで
途中、お金のことなど考えれず、わけわからないまま、連れ帰ったそうですよ。
と、伝えました。

確かに、今は、飼い主です
ですが、こうした多頭飼育崩壊の殆どが、可哀想だったから始まり
お金がないから、手術を見過ごした結果ですから。

そして、最後に
飼い主のいない猫たちへの不妊手術費用を、市民任せでなく
行政も環境省の下で、殺処分頭数軽減を目指していく立場なわけで
猫問題は、社会問題、行政が市民任せなのもおかしくはないですか?
と意見させていただきました。

本来、訪問して文書提出なのですが
最近の私は、とても忙しいので
事前連絡を先に行い、後日、要望書を送付しています。

あま市の市会議員の方々
ノラ猫問題は、人が巻き起こした社会問題であり、環境問題です
行政が、飼い主のいない猫がこれ以上増えないように
不妊手術促進を、まずはお願い致します。

心ある市民が自己資金で行うべきことでしょうか?
行政が市民任せにするのは、住民に甘えすぎです。
環境省の飼い主のいない猫問題取り組み
愛知県の取り組みとして、地域猫活動促進が謳われています。

あま市、清須市、
猫問題が最近特に多く思います。


文責  セイケ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。